ブロック長会議

ハッチの療育 - - らぴす

 

先日、ブロック長会議が茨城県で開催されました。(ママッチはスタッフ参加)

 

全国からお集まり頂き、ベビー救済の現状報告。

 

シンポジウム等で東名→首都高→常磐自動車道の道のりの運転は慣れてきました〜

 

 

 

まずは、ハッチに距離の概念を少しでも理解してもらうため、400キロから10キロごとにカウントダウンして「まだつかないの〜」に答えていきました。。。

 

「あと290キロ」と言うと、ハッチが「次は280キロ?」とだんだん減って行くことを理解してきました。

 

「0」になったとき到着だよ〜と言うと、どんどん減って行く数字に「あともうちょっと〜」と思えるようになってきました。

 

 

何か持って行きたいおもちゃがあったら自分で持って!と言うと、行く間際にビニール袋ちょうだい〜と言われ、、、

 

「くみくみスロープ」をどかっと入れて持って行きました。

 

何かお気に入りのおもちゃを持つことで、初めての場所でも初めての状況でも対応できるようになることもハッチは自分でわかっているようです。

 

「赤ちゃんがビー玉を口に入れないようにだけは注意してね」と言っておきました。

 

 

★これがくみくみスロープ↑

 

今日は、ホテルに泊まるの?

ストロ君いる?レオン君いる?と聞いてました。

 

会議室に着くとさっそく子どもたちがいるスペースでくみくみスロープを広げるハッチ。(男の子が飛び付く飛び付く!)

 

 

 

 

ナナッチは、ママッチが持ってきた粘土でベリーちゃんと一緒に遊びはじめました。

 

粘土は女の子たちが飛び付きましたが、リック君も一緒にまざって遊んでました〜(粘土はいいわ〜よかった100均でたくさん買ってきて〜)

 

ハッチを見ると、かき氷を食べてるし〜(どなたか買ってくださってありがとうございます!!)

 

 

 

ハッチは、小さい子がくみくみスロープに近づくと「だめだよ〜」と(ビー玉飲んだら大変)ちゃんと言ってました。

 

普段デイサービスでも曜日ごとにメンバーが違ったり、色々な遊びをしたりするせいか、初めての環境でも大丈夫になりました。

 

勝手に遊んでくれてます!

 

3歳くらいのときは、親が目を話せず、それこそ走り回って自分でもどうしたらいいのかわからない状態でしたが、経験は強みですね。。。

 

 

 

 

会議が終わり、一旦ホテルにチェックイン。

 

ふたりともホテルに泊まるのが大好きなので、部屋を探検して、お決まりのベッドでジャンプやらでんぐり返しやらで大喜び。

 

トイレとお風呂場も確認して「ステキ〜」と感激するふたり。。。

 

 

 

食事会の場にまたまた、くみくみスロープを持ちこむハッチ。

 

男の子がまた群がり・・・食べるより遊びに夢中になってしまいました。(汗)

 

飽きると、ライダーのベルトを自分もしたくなり・・・結局アトムくんが貸してくれてポーズを決めてました。(やさしいアトムくんありがとう♪)

 

 

 

ナナッチはここでもベリーちゃんとずっと一緒に遊んでました。(このあとも変な顔ばかりして写真に写るナナッチ)

 

 

食事会の〆は、とむゆむパパさんの「右肩上がり」で終了〜!

 

つづく

 

 

にほんブログ村 家族ブログ 養子縁組へ
にほんブログ村
 

  • 0
    • Check
    無料ブログ作成サービス JUGEM