スポンサーサイト

- - - スポンサードリンク

一定期間更新がないため広告を表示しています

  • 0

    2017/7/7七夕の夜に旅立った母 その1

    実家・家族・施設 - - らぴす(ママッチ)

    2017/7/7七夕の夜に母が天国に旅立ちました。

    思い返せばちょうど一年前の7/7に父と母は別々に暮らすことになりました。

    父は私が愛知県の老健施設に入所させ、母は歩けなくなってしまっていたので相模原の病院に入院することになったのです。

     

    七日の夜、母が一緒に住んでいる(独身の)弟に胸が苦しいと電話したそうですが、弟は救急車を呼ばなかったので家に帰ったときはすでに心肺停止の状態で亡くなっていたようです。その後近くの大学病院に運ばれ心臓マッサージを一時間位したそうですが戻らず7/8の午前1時1分に死亡が確認されました。

     

    7/8の朝ラインを見るとお母さんが亡くなった…と書いてあり、子どもたちに今日のたんぽぽ会は行けないと話すと大号泣。

     

    私の車で一緒に鈴鹿に向かうはずのクレープ夫妻さんに連絡しないと!と思いましたが弟から連絡があり、家で亡くなったので解剖しなければいけないと言われている…とのこと。すぐに向かっても待つ場所もないし(実家は荷物であふれ泊まれる状態になく)いつ葬儀になるかわからなかったので結局参加することにしました。

     

    一年前に父が施設に入所するときに必要な介護保険負担限度額認定証というのを申請するために父と母の通帳のコピーを取り、お金の流れを把握していたので、葬儀社に電話をするように弟に伝えました。「どこに連絡すればいいのかわかんない」というので我が家にある母の通帳のコピーを見て「○○○!」と怒りながら連絡しました。なんでそんなことも同居の弟に伝えていないの?という怒りと弟が何もわかっていないことへの苛立ちと、一年前にお金の流れを把握しておいて本当によかったと安堵感といろんな感情でかなりピリピリしていました。

     

    たんぽぽ会は無事に終わり、クレープ夫妻さんとショコラ君と帰りにマックに寄って晩御飯を食べたときに実は母が亡くなったとクレープ夫妻さんに話しました。そのころには火葬は11日に決まったとラインが入っていました。

     

    たんぽぽ会の帰りの夕日を見るとなんと彩雲が!母も子どもたちが楽しみにしていたたんぽぽ会の邪魔はしたくなかったんだろうと思いました。

     

    家に帰ると実家には泊まれないので町田のホテルを3泊予約して9日の午前中に出発しました。アメリカに住む妹も9日には町田に到着できるというので9日はとにかく皆で安置室に向かってお母さんに会ってから弟も一緒に町田で飲む予定をたてました。

    パパッチは二日間お休みをもらえたんですが、お義母ちゃんの2カ月に一度の認知症の診察があったのでお義母ちゃんの面倒をみててもらうことにしました。

     

    妹の旦那さんもどうしても仕事がキャンセルできず来日できなかったので本当に子どもたちと孫たち(ハッチとナナッチ)だけで見送ることにしました。

     

    町田には4時間位で着く予定でしたが、厚木インターから町田インターまでの間が事故渋滞ということで厚木インターで降り町田に向かいましたが、真言宗で永代供養をしている座間にある御寺の前を偶然にも通ることになりました。

     

    父も母も一年前からいつ亡くなってもおかしくないくらい状態がわるかったので葬儀はここ、永代供養の御寺はここに頼もうと色々とシュミレーションしていたのです。

     

    「これはもうこの御寺でOKというサインだわ〜」とラインを入れました。母の好きな観音様も祀られていて雰囲気もいい感じの御寺でした。

    町田まで下道もだらだらと混んでいて結局着いたのは夕方の5時でした。

     

    町田で妹に会うと、「お母さん今日は満面の笑みでみえたよ。亡くなってから自分のきょうだい達に会いに行ったみたいだけど、八王子の○○おじさん(母の弟)をまっさきに見せて心配してるみたい。」と妹。

     

    「ハッチとナナッチが来てくれたから何より喜んでるでしょう〜」と私。

     

    私はハッチとナナッチに「死」を教えるということで結構頭がいっぱいで、弟が安置室で撮った母の姿をラインで送ってもらい出発前にハッチとナナッチに写真を見せました。

    おばあちゃん死んじゃったよと説明しながら、なぜかその写真が化粧っけもなくちょっと怖い感じだったので私が笑ってしまいました。(←不謹慎)

    二人には「おばあちゃんにお化粧してあげようね〜」と言いました。

     

    安置室では写真を見せていたこともあり、そう怖がらずに二人はおばあちゃんの顔を触って「冷たい〜」と言っていました。

    おばあちゃんは今、透明人間みたいになってこころのお目目だけで見てるよ〜と説明。「たましい」は意味がわからないので・・・。

     

    どうも妹のところに母がいるようで、妹を通して自分の遺体を見ているようでした。私は子どもたちの対応と反応を見るので感傷に浸る余裕もなくといった感じでした。

     

    とりあえずその後町田で飲んでゆっくり話そうということになり、10日は12時から納棺式ということでその翌日11日の11時から火葬というスケジュールになっていました。

     

    結局警察が家に来て遺体に外傷がないことから解剖はしなくていいことになりました。死因は心不全とのことでした。

     

    20年近い人口透析を続けていましたが、最後は楽に行けてよかったと思いました。ただ弟が救急車を呼んでいたら弟が最後を看とるくらいはできたかもしれません。

     

    ハッチとナナッチ居酒屋でたくさん食べて楽しそうにしていました。二人は大人の仲間入りをして特別な体験をしているといった感じもありました。

     

    私とハッチとナナッチがシンポジウムの帰り6/25(亡くなる13日前)に相模原に寄って母と一緒にランチをしたときのことを話しました。

     

    ランチが終わり、私の車で実家まで母を送ろうとしたとき、ハッチもナナッチも「おばあちゃんの隣はいや〜!!」と今までそんなことはなかったのに二人ともおばあちゃんの隣に座れなかったの。だからそのときから子どもたちは何かを感じてたのかもね…」

     

    母は父の介護から解放されたのもよかったのか、半年くらい入院したあとなんとか杖を持って歩けるまでになり父の老健にも何度かお見舞いに来ていました。ランチしたときも今度は7/9に父の入院先にお見舞いに行きたいと日にちを決めてからわかれました。

     

    弟によると9日にお見舞いに行くので服にアイロンをかけていたとのこと。

     

    しかし、7/9を待たずに旅立ってしまいました。

     

    つづく

     

    • 0
      • Check

      スポンサーサイト

      - - - スポンサードリンク
      • 0
        • Check
        無料ブログ作成サービス JUGEM