スポンサーサイト

  • 2019.03.17 Sunday

一定期間更新がないため広告を表示しています

  • -
  • -
  • -
  • スポンサードリンク

瞑想で母と会う

  • 2019.01.01 Tuesday
  • 22:24

アメリカに住む妹が「お母さんと会う誘導瞑想やってみる?」というので、「やりたいけど、年内は無理かな〜忙しいから」と言ったものの、夜子どもたちが先に寝たので、隣でスマホを耳元に置きながら、やってみました。(音声ファイルで)

 

ちゃんとその日は寝室がある二階の掃除をしていました!

 

呼吸を整えているときから、なぜか涙が出ていることに気が付きました。

あくびしたっけ?

まあ、気にせず続けよう・・・

 

(想像の中で)母と会う場所は、熱田神宮の弘法大師お手植えの樹齢1000年以上の大楠がある場所にしました。

顔が浮かんでくるかどうかわからないので、最初は、遺影の着物を着た写真の母の顔を思い浮かべてみました。55歳くらいのときの母の写真の顔です。

 

すると、少しして家に飾っている40代の頃の母の写真の顔にぱっと変わりました。(勝手に)

母と面会しているときの感情は、とにかく「ありがとう」という感謝の気持ちでいっぱいで涙が流れていまいした。お互いに「ありがとう」の連呼だったのかもしれません。とにかく細かいことはもういいや!という感じで、ありがとうしか出てこない。

 

「あの世に行ったとき、再会するとこんな気持ちになるのだろうか?」と思いました。

「すべてひっくるめて学びをありがとう!」とにかく感謝のエネルギーにあふれていて涙がずっと出ていました。

 

少しすると、父方の祖母の顔も見えました。叔父(独身で入院中)の顔も見えて、「息子をよろしく」と言われている気がしました。死んでも息子が心配・・・その気持ちは私もよくわかります。「大丈夫だよ!ちゃんとやるからまかせておいて!」と心で答えました。

 

誘導瞑想により、母のシンボルは「鳥」でした。抽象的な絵のように見えましたが、終わりのころに窓から飛び立つ白い伝書鳩が数羽見えました。母はこの世とあの世で伝書鳩のようなことをしてくれているのかもしれませんね。

 

最後に別れるとき、象に乗って消えていきました。インドの神様の(像の姿をした)ガネーシャかな?とも思いましたが遠くに見えるので象のようなものとしかわからなかったです。

 

普段、瞑想をほぼしないので、できるかどうかの不安がありましたが、やってよかったです。

会えた実感があります。そういえば、母の誕生日は12月です。これからは毎年12月に必ず母と会う誘導瞑想をしたいと思います。

 

 

スポンサーサイト

  • 2019.03.17 Sunday
  • 22:24
  • -
  • -
  • -
  • スポンサードリンク

PR

calendar

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< June 2019 >>

selected entries

categories

archives

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered by

無料ブログ作成サービス JUGEM